市販されていないアンテベート軟膏が買える通販はファミリーファーマシーグローバル

アンテベート軟膏市販

アンテベート軟膏を市販品を通販で買いたいのですが、どこで買えますか?

この記事では、こんな質問に回答します。
早速ですが、アンテベート軟膏は市販されていません。
だから、薬局やドラッグストア、楽天やAmazon(アマゾン)などの通販サイトで買うことができません。
しかし、アンテベート軟膏は海外からの個人輸入で購入することができます。
販売しているサイトはファミリーファーマシーグローバルです。
病院に行く時間が取れない方などにおすすめです。


商品名: アンテベート軟膏0.05%:5g×10本セット
販売価格:5,288円
在庫場所:シンガポール
製造元:鳥居薬品 株式会社
販売元:鳥居薬品 株式会社

>>アンテベート軟膏の購入先はこちら

10gが10本のアンテベート軟膏や

100gの容器に入っているアンテベート軟膏もあります。

>>アンテベート軟膏の購入先はこちら

市販されていないアンテベートクリームも通販で購入できる

同じく、市販されていないアンテベートクリームも海外の個人輸入サイトから通販で購入できます。

商品名: アンテベートクリーム0.05%:10g×2本セット
販売価格:2,855円(送料無料、消費税なし)
在庫場所:シンガポール
製造元:鳥居薬品 株式会社
販売元:鳥居薬品 株式会社

>>アンテベートクリームの購入先はこちら

販されていないアンテベートローションも通販で購入できる

同じく、市販されていないアンテベートローションも海外の個人輸入サイトから通販で購入できます。

商品名: アンテベートローション0.05%:10g×5本セット
販売価格:5,478円(送料無料、消費前なし)
在庫場所:シンガポール
製造元:鳥居薬品 株式会社
販売元:鳥居薬品 株式会社

>>アンテベートローションの購入サイトはこちら

アトピーに効いたアンテベート軟膏

アンテベート軟膏とは、湿疹が出たり皮膚炎になった際に処方されるステロイド外用剤です。

市販されているフルコートよりも強い薬で、皮膚科でのみ入手することができます。

今回はアンテベート軟膏を実際に使用してみて、使用時の皮膚炎の酷さに対してどのくらいの効果が出たかというのをお話ししたいと思います。

私は20歳の時に突然アトピーになってしまいました。

所謂大人アトピーというものです。

最初はちょっとした湿疹がお尻や太ももに出てきた程度でした。

その頃は丁度初夏の陽気で汗を少しかいていたから汗疹だろうと思って放っておいてしまったのです。

それから1週間もたたないうちにだんだんと腕や腹や顔にも出てきてしまって、これはおかしいと思い皮膚科を受診しました。

結局その時はアトピーと診断されずただの湿疹と言われ、薬もアンテベートよりも弱いものを処方されました。

でも湿疹は酷くなるばかりでまた違う病院を受診しましたが、前回の病院と同じような感じで対応されました。

日に日に湿疹は悪化していき終いには膿が出てしまったので、市立の病院に行ききちんと検査してもらった結果、最初に述べた通りアトピーと診断されました。

その時にやっとアンテベート軟膏を処方されました。

お医者さんに言われた使用方法は、最初のうちは膿が出るくらい酷かったので、とにかく痒くなったらその部分に薄く塗ってねと言われました。

私は言われた通りに次の通院日までの1週間、アンテベート軟膏を塗り続けました。

アンテベート軟膏は少しベタつきがあり、ちょっと乾かしたりしないと他のものにつきそうな感じがして嫌だったのですがそれを我慢して1週間塗り続けた結果、膿はほとんどなくなりました。

痒かった湿疹の赤みも今までとは比べものにならない早さでひいていったのです。

でも広く湿疹が出てしまったので、全ての湿疹が1週間でひいたわけではありません。

1週間たち、また病院に行った時に今度は今湿疹の出ている部分、赤みがある部分に1日2回塗ってねと言われました。

朝起きた時と夜寝る前が効果的だと言われました。

そして私は次の通院日がまた1週間後だったのでそれまで言われた通りに塗り続けました。

アンテベート軟膏を塗り続けた結果、今まで痒みや赤み、膿に悩まされていたのが嘘だったかのように以前の肌に近い状態に戻ったのです。

湿疹の跡が残っていて少し痣のようになってしまったのであまり綺麗とは言いにくいのですが、それでも何ヶ月も悩んでいたのが2週間程度で改善されるなんて本当に感動しましたし、アンテベート軟膏を使い続けてよかったと思いました。

アンテベート軟膏・クリームについて

アンテベート軟膏(と同じ成分)の市販薬はあるか

アンテベート軟膏は1g中にベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル0.5mg(0.05%)を含有する軟膏です。
このベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルを含んだん市販薬はありません。

アンテベート軟膏の代用薬は

有効成分が違うので本当に代用になるかは医者や薬剤師の方に確認した方がいいと思いますが、
市販ステロイドの軟膏は
ベトネベートN軟膏AS(成分名:吉草酸ベタメタゾン、製造会社 第一三共ヘルスケア)
5gと10gのものがあります。

フルコートF(成分名:フルオシノロンアセトニド+抗菌薬のフラジオマイシン、製造会社 田辺三菱製薬)

アンテベート軟膏の同じ効果の市販薬はあるか

上にあげたベトネベートN軟膏ASとフルコートFが近い効果があると思いますが、まったく同じかというと、有効成分が違うので同じとは言えないと思います。

アンテベート軟膏の入手方法

病院で診断してもらい、処方箋を入手して、処方箋薬局で入手することができます。

アンテベート軟膏の医療機関以外での入手方法

ファミリーファーマシーグローバルや空詩堂などの医薬品の個人輸入代行サイトから通販で入手することができます。

アンテベート軟膏の使用部位や種類、強さ、効果などについて

使用部位
強さ

ステロイドの中では『非常に強力』になります。
ステロイドの強さは5段階あり、上からの2番目になります。
同じ強さの薬には、マイザー、ネリゾナがあります。

効果