帯状疱疹にヒルドイドクリームを使っています。

私がヒルドイドクリームを使用するきっかけは、帯状疱疹でした。
その症状とは別件で通院していた皮膚科にて、診察中に、何気なくみた腕に小さな湿疹を見つけ、その場ですぐに診断してもらえたおかげで、さいわい腕以外に大きく帯状疱疹が広がる事もなく、またしびれなど皮膚の症状も軽くすむことが出来ました。
しかし、湿疹のあとは大変みにくく、後にのこってはこれからさき長袖の洋服を着ることができないのでは?と心配になるほどでした。
お医者さまは、”日にちくすり”でだんだんと治っていくとはおっしゃられていましたが、私は、過去にウレパールという保湿クリームを処方してもらっていたことを思い出し、それをかゆみがひいたあとの湿疹あとにぬることが可能なのかたずねてみましたところ、ウレパールよりもヒルドイドという名前のクリームがあってアトピーなどの患者さんにも処方していて評判もよいから、それを処方しましょうという流れで ヒルドイドクリームを使うことになりました。
効果はあったと思います。
かゆみの後の薄皮がめくれたようなぶつぶつの箇所がヒルドイドの保湿効果によって、それ以上ひどくなることがない上に、治っていくことを実感いたしました。
その後も、私は肌がひどく乾燥しやすくお医者さまと相談して、他の箇所にも使用するために引き続き処方してもらっています。
今は、クリームタイプではなく、ローションのようなテクスチャーのビーソフテンの方を処方してもらっています。
処方箋薬局の薬剤師さんより、ジェネリック紹介されて、変更したことがきっかけでしたが、このビーソフテンローションの方が皮膚の内部に浸透しているような実感が非常に高いため、私自身にはとてもあっていると思っています。
また、頭皮にも使用できると聞いて 使っていますが、ローションタイプのビーソフテンは、頭皮に使ってもべたべたすることなくいい感じでうるおって頭皮の状態も安定してきました。

関連記事:ヒルドイドクリームが最安値で買える通販はこちらです。