サッカーのケガにはゲンタシン軟膏が効果的です。

私の息子はサッカークラブに入っているので、練習中にはよく転びますし、何かと傷を作ってくるので、そういう時はよくゲンタシン軟膏を塗るようにしています。
サッカーをしている時に転んでケガをしたら、水で流してゲンタシン軟膏を塗って、ガーゼでカバーするようにしています。
そうすることで、治りを早くしますし、細菌感染を防ぐことができます。
ゲンタシン軟膏は、傷には効果発揮するので、我が家ではよく利用するようにしています。
子供達がよく転んだり、ケガをすることも多々あるため、常になにかしら傷薬は費用です。
皮膚科へ行った時、ゲンタシン軟膏を処方され、余ったらケガした時に使うと良いですよ〜とアドバイス頂いたので、それ以降は使うようにしています。
サッカーをしていると転ぶことも多いですし、自然と傷を作りやすいので、すぐそういう時は、ゲンタシン軟膏を塗って、ガーゼでカバーするようにしています。
ゲンタシン軟膏は、塗ってもヒリヒリせず、痛みも感じないため、使いやすいでしょう。
オキシドールなどの消毒薬は、傷口にかけるとヒリヒリすることも多いので、子供がとても嫌がりますし、なかなか上手にケアすることができず、子供が大泣きするので消毒するのも一苦労になります。
ゲンタシン軟膏は、そういったことがなく、スムーズに軟膏を綿棒にとって塗ることができるので、なかなか上手に塗ることができ活用しやすいです。
ゲンタシン軟膏は傷ができた時はすぐ利用するようにしているため、皮膚科へ受診した時には、処方してもらうことが多いです。
何かと持っていると役立つので、日頃から愛用するようにしています。
細菌感染を防ぐので、傷ができたての時は、ゲンタシン軟膏をたっぷり塗るようにしています。

ゲンタシン軟膏の添付文書には

ゲンタシン軟膏の添付文書はここで見ることができます。

https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00056372.pdf

ゲンタシン軟膏の効能・効果は次のように書かれています。

〈適応菌種〉
ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌
〈適応症〉
表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染

ここからもわかるように、ゲンタシン軟膏はキズを治す薬ではありませんが、傷口の感染症や二次感染を防いでくれます。

関連記事:ゲンタシン軟膏が市販で買える通販はこちら!