婦人科の細胞検査の結果、細菌があったので、一週間ほどクラビットを服用しました。

私がクラビットを処方してもらったのは婦人科でした。

細胞検査の結果で細菌があったので、1週間ほどクラビットを飲みました。

クラビットは膀胱炎になった方には処方される薬ですし、細菌による感染症をふせいでくれるので病院からの指示なので不安はありませんでした。

小さい粒なので、飲む時には飲み辛さは何も感じなかったです。

クラビットの副作用

ただ私の場合、副作用なのか飲んだ翌日から体がだるい、頭が痛いなど不快な症状がありました。

あんまり飲んで気分が良い気はしないですが、飲めないほどではないので1週間飲みきりました。

その後、医者に尋ねても「気にするほどじゃなければ大丈夫です」と言われたので多くの人に出る症状かもしれないです。

人によるので、体調の変化を早めに察知してい医者に相談した方が良いです。

やっぱり細菌を治療するので強めな薬のような気がするので。

薬としては、効き目はあったと思います。

調べてみないとわからない細菌でも、体に悪さをしていたようで体が思い、だだるい、喉がイガイガする症状がなくなりました。

私は、たまたま婦人科の検査で見つけてもらいましたが、放っておけば進めば治療も大変になりますし。

細菌が出やすい体質なのか、その後の検査でも何度指摘されクラビットを処方されました。

同じように頭痛は飲むたびにありましたし、本当はあんまり好きじゃない薬です。

1週間程なので治療のために頑張る事ができましたけど、もうちょっと飲んだ後に気分が悪くならないようにメーカーに改善をお願いしたいです。