薬物アレルギーの私がインフルエンザにかかり麻黄湯で翌日回復しました!

私は思春期(14、15歳)の頃から突如として、薬物アレルギーが出始めました。
薬物アレルギーって、何が合わないかは飲んでみないと分からないって言われているんです!
そんなこと言われても、怖くて薬なんてなかなか飲めませんよね~。
だから、どんなに風邪を引いても薬なしで自力で治してきたんです。
もちろん、薬が飲めないからということで人一倍、健康管理には気を使っていました。

インフルエンザにかかってしまいました

ところが、そうは言っても大流行のインフルエンザからは逃れられませんでした。
熱は高いし、頭は痛いし、何より身体中が痛くて痛くて。。
それでもタミフルとかはアレルギーが怖くて飲めません。
だって、ひどい時は息も苦しくなるんですよ。薬疹って。。

漢方薬で対処

そこで、兎に角熱だけは下げようと、漢方を飲みまくりました。
はじめは葛根湯を飲んでいましたが、どうにもイマイチ。
次に母が薬局で勧められてきた、麻黄湯を飲んでみました。

麻黄湯の効果

すると、飲む前よりも熱は上がるし、汗はすごいし・。・。
これはもう死んでしまうのではないかと思ったのですが。。
熱を出したことで、翌日はあっさり回復し始めました。
長い熱のせいで少し脱水症状をおこしていたらしく、後に病院で点滴をうつことになりましたが、思ったよりは重症化せずに済みました。
熱が長引くことによる体力消耗はありますが、漢方薬でインフルエンザが治るのか!
以前はインフルエンザの流行が怖くてたまらなかったけど、今は「もしもの時は、麻黄湯!!」
なんとか今年も切り抜けそうです^^v

麻黄湯は本当にインフルエンザに効くか

本当に麻黄湯はインフルエンザに効くのでしょうか?
心配になったので、添付文書を確認してみました。

麻黄湯の添付文書はこちらで見ることができます。

すると、効能または効果のところに
インフルエンザ(初期のもの)と書かれていました。

ということで、麻黄湯はインフルエンザに効くようです。

麻黄湯の服用方法、飲み方は

これも添付文書には1日7.5gを2~3回に分けて、食前または食間に飲む
そうです。

医療用の麻黄湯は2.5gなので、3回に分けて、食前に飲むのが、便利ですし、飲み忘れがなさそうです。

関連記事:タミフルを市販で購入したい方におすすめの通販はベストケンコー!