インフルエンザの予防グッズとして愛用している漢方薬の葛根湯

私は現在47歳の男性で会社員をしています。

インフルエンザ予防グッズとして愛用しているのは「葛根湯」です。

具体的な商品名を記載しますと、製造販売元は「滋賀県製薬株式会社」といい、商品名は「葛根湯エキス顆粒」です。

葛根湯って漢方薬だしインフルエンザ予防グッズと呼べるの?と感じるかもしれませんが、ほぼ毎日のように服用してるので私としてのど飴みたいなもの。

ですので予防グッズの一つだと私は認識しています。

葛根湯って風邪やインフルエンザに罹ってから服用するものではなく、予防的な意味で服用するものです。

ですのでインフルエンザ予防としては、ものすごく効果があるんぇすよね。

効果に個人差はあるんでしょうが、私の場合はかなり変化しました。

葛根湯を常用するようになるまで、大体私はほぼ毎年インフルエンザに罹ってました。

酷い時にはインフルエンザの治ったばかりの時に別のインフルエンザにかかり半月以上苦しむという事も。

しかし葛根湯を常用するようになってから、インフルエンザにかかったのは一回だけなんです。

基本的に葛根湯を服用するのはほぼ毎日です。

自宅だけでなくカバンや車内にも葛根湯は常備し、いつでも服用出来るようにしてあります。

というのも咽喉のガラガラや声がかすれる等の異常を感じたら即座に服用するようにしたいですからね。

こういったイレギュラーだけでなく、平日や休日のように外出した日は服用するようにもしています。

1日でまったく服用しないのは、体調が良くてまったく外出しなかった休日ぐらいです。

なぜ葛根湯がインフルエンザ予防に適してるかについてですが、葛根湯って体温を上昇させて体の抵抗力をあげてくれます。

ですのでインフルエンザウィルスが体内に侵入しても、増殖前に体の免疫細胞がやっつけてくれるんです。

結果、インフルエンザウィルスが体内に侵入してもすぐに排除となり、重度のインフルエンザにまではならないんです。

初期症状の段階(咽喉がガラガラになったり鼻声になったり等)ぐらいまでしかならず、インフルエンザを予防出来るというわけです。

ただ葛根湯がインフルエンザ予防に効果的というのは、よく知られてると思います。

でも葛根湯って高いし、常用するとなると経済的負担が大きいから無理と感じる方も多いと思います。

その点は私も同意です。

でも私の購入してる葛根湯は安いんです。

これが冒頭で葛根湯の商品名や製造販売会社まで記載した理由です。

薬局によって値段差があるでしょうけど、地元のドラッグストアだと30包入りで890円(税抜き)ぐらいなんですよね。

30包あるので、1日1回飲んでも一ヶ月は持つ計算です。

それを1000円でお釣りが来る価格で購入出来るのですから、経済的負担も然程気にするようなものではありません。

インフルエンザに罹ったら病院代でもっとお金がかかりますし、何より自分が苦しいですよね。

ただその分他のメーカーの葛根湯より1包辺りの内容量は少なくなってるんですよね。

大体2割程少なくなってます。

ですのでインフルエンザと真っ向勝負となると、この葛根湯では力不足だと思います。

しかしインフルエンザウィルスが体内に侵入した段階だと、この葛根湯でも十分な戦力となってくれるんです。

実際、私はもう5年以上服用していますけど、その間インフルエンザに罹ったのは一度だけ。

私としは気に行ってますし、これからもインフルエンザ予防グッズとして愛用していくつもりです。