ティーツリーのアロマオイルでインフルエンザにかからなくなりました。

私は50代の専業主婦、女性です。夫と、子供は既に独立した子もいますが、3人います。

我が家は、インフルエンザにはかかりにくい体質ですが、次男だけは、3年連続でインフルエンザにかかりました。

しかし、ある時、アロマオイルの講習に参加し、『ティーツリー』には消毒・抗菌の効果もあり、それまで毎年子供がインフルエンザにかかって困っていた家も、ティーツリーをアロマディフューザーで部屋に噴霧するようになったら、子供がインフルエンザにかからなくなった、という話を聞きました。

その前の年、結婚してから初めて夫がインフルエンザにかかり、私達夫婦も年を取ってきたので、これまでの様に「私達はインフルエンザにはかかりにくい」と楽観視してはいられない、と思うようになっていました。

そこで、早速アロマディフューザーと、ティーツリーのアロマオイルを買ってきて、リビングで使う様にしました。また、夜間は次男の部屋で使う様にしました。

すると、その年から、本当に、驚いたのですが、次男はピタッとインフルエンザにかからなくなったのです。
大学に入り、下宿を始めた時、このアロマディフューザーとティーツリーを持たせたお蔭か、一人暮らしを始めてからもインフルエンザにはかかっていません。

聞けば、ティーツリーは元は、オーストラリアのアボリジニ達が大昔から、万能薬として用いていたと言うではありませんか。
生の葉は擦り傷に塗ったり、噛んで服用することで腸の具合を良くしたりしたそうです。いずれも滅菌・抗菌の役割がありますね。
また、万能薬ですから、悪いものを弱らせて体調なり傷なりの状態を回復させることをアボリジニ達はわかっていたのでしょう。

そして、研究所でも、ティーツリーは新型インフルエンザの菌の生育を阻害する働きがある事が分かっているそうです。まだインフルエンザの菌を殺すまでの効果は認められていないようですが、それでも菌の元気を奪い、弱らせる効果は認められています。

冬は乾燥もインフルエンザ菌を活気づけます。その点、アロマディフューザーを使っていれば、部屋の加湿にもなり、一石二鳥です。

また、ティーツリーはストレス解消の効果もあり、自分の好きな香りのアロマと混ぜるのも楽しいです。様々なアロマの効果を見比べて、香りだけでなく、自分の体調に合わせたアロマを炊くと、ティーツリーの効果と相まって体調を良くしてくれると思います。
また、アロマは水の中に2~3滴落とせば良いので、小さな1瓶でも1ヶ月はもつので、価格的にもリーズナブルだと思います。