顏のカサカサがハトムギ化粧水の塗り方を変えて治りました。

私は29歳の女性で、接客業をしています。

顔のカサカサ、私も長年悩んでおりました。

接客業なので、毎日のお化粧は欠かせません。
ですが、化粧をすればするほど肌に負担がかかり、どんどん肌が荒れていきます。
乾燥する季節になってくると、どれだけ化粧をしてもわかるほどです。

しかし、やっと肌質が改善されてきました。

ハトムギ化粧水の塗り方を変えてみました

その方法は、化粧水の塗り込み方を変えただけです。
まず、私はお風呂あがりに顔のスキンケアとして、ハトムギ化粧水を使っています。
はじめは、コットンにハトムギ化粧水をたっぷりと吸い込ませ、顔中に塗り、手で叩きながらなじませていました。
これが私にはあまり良くなかったみたいです。
まず手のひらに化粧水を出し、顔中に塗っていき、それを指の先でぎゅっと皮膚に押し込むようにマッサージする方法に変えました。
すると、年中カサカサ肌で化粧ノリも悪かった私の肌が、どんどん変わっていきました。
今では化粧もしやすくなりましたし、他人からも肌が綺麗だと褒められます。

なぜこのような方法に変えることができたのか。それは、美容部員さんとの出会いでした。
肌年齢をチェックできる装置を試した際、私は実年齢から10歳も上の結果が出てしまいました。
この理由を聞いてみたところ、乾燥肌が原因だと言われました。
どのようにスキンケアをしていますかと聞かれ、肌を叩きながらなじませていることを伝えたら、それはあなたの肌質には合っていないと言われました。
肌質や使っている化粧水によって、肌への浸透のさせ方が違うことをそこで初めて知りました。
顔にたっぷりの化粧水を広げて、指先でじっくりと押し込む。肌がプチプチといってくるのを指で感じながら、スキンケアをするようになりました。

化粧水の塗り方を変えてから1週間が経過した頃、すぐに効果は見えてきました。
パウダーファンデーションを使っても、肌がパサパサに見えなくなってきたのです。
化粧水の塗り方以外は何も変えていません。
しっかりと指で化粧水を塗り込んだ後は、乳液を顔に塗って就寝。
ただそれだけで、こんなに変わるとは思いませんでした。

人によって個人さがあると思いますが、私が使っているのは薬局で市販されているハトムギ化粧水です。
塗り方だけで、私の場合は肌質がみるみる変わっていきました。

もし機会があれば、肌年齢チェック等に参加し、アドバイスを受けてみてもいいかもしれません。
自分に合った改善方法が見つかると思います。