ハンドクリームの『ももの花』が私のお勧めのほっぺたの乾燥を防ぐグッズ

私は、30代の男性でエンジニアの仕事をしています。

私がお勧めのほっぺたの乾燥を防ぐグッズはハンドクリームとして名前が知られている『ももの花』です。

その理由は、
まず乾燥を防ぐには、油分が重要で油分ではだから水分が出て行ってしまうのを防ぐのです。
そのうえでビタミンがももの花には入ってまして感想をした肌のダメージを修復してくれます。

ももの花を押している理由ですが一つは、簡単に入手することができる製品であることと、

2つ目はこの製品、赤ん坊でも使用できまして、粘膜がある場所以外、例えば目と各地と海外であればどこにでも使用できますので、頬っぺたという部分的な部位でかつ粘膜のない場所であれば問題なく使用できます。

しかも、このアイテム、古くからあり、乾燥を防ぐ効果が確認されていまして、これと同時に有名なものであるのであればノルディックワセリンというワセリンも有名ですが、ももの花のほうを押します。
理由は肌の修復をしてくれる成分であるビタミンが入っているのがももの花でノルディックワセリンも優れた製品なんですがこっちは乾燥しか防ぐことができず、肌荒れをしてしまっているものに対しては自然治癒になるのでできるだけ肌荒れもケアしたいのであればこちらの方がよいということでこちらを押します。
ももの花は非常に便利でしてかみそりなどで金属に負けてしまった場合においても肌を修復してくれるため、男性が使用しても何ら問題はなく臭いもありますがすぐに臭いも収まります。
べたつくのではないかという声もありますが、べたつくのは最初だけでしてこちらも同様、ノルディックワセリンのように最初だけべたつきすぐに塗った場所になじむという特性があります。
非常になじみやすく、すぐに塗った場所になじむのでべたつきに関しては最初だけ我慢すれば頬っぺたであろうが、喉元であろうが、方であろうが問題なく使用できるのがウリです。
私もかれこれ20年くらい使用していますが、特に副作用はないですし、手なんかの乾燥を防ぐこともかなり効果的に威力を発するアイテムですので一つ持っていればワンシーズンは持つのではないでしょうか。
ただ、出血してしまっている場所に関しては、できるだけ塗らない方がよいのであくまで乾燥を防ぐためにのみ使用するに留めておいた方がよいです。
万が一塗ってしまった場合、なじんでしまったら結構ワセリンを落とすのに苦労しますので傷口にはあまり塗らない方がよいです。