痛風の薬について

以前は、痛風は贅沢病といんれていた時期があります。
しかし、食生活が豊富で多様になった現在では誰がかかってもおかしくない状況です。

しかし、痛風ほど凄まじい痛みが伴うものは少ないかもしれません。
よって、すぐにでもその痛みを和らげたい、止めたいと思うものです。

痛風に聞く薬は最近、かなり進んてきていると言われています。

あの我慢できない痛みを軽くする為には、ロキソニンと言う薬を飲むことがポピュラーでしょう。
ロキソニンは鎮痛剤として、痛風以外でも使われる薬です。

但し、対処療法にて通風を根本的に改善するものではないことを知っておく必要があります。

元々、痛風は尿酸値が高くなることが原因です。
そのことから乳酸値を下げる薬等と併用することも必要です。

初期段階であれば、コヒルチンという薬も効果があります。

最近になって特効薬として注目されているのが、フェブリク錠です。
この薬は痛みを和らげると同時に、乳酸の生成自体を抑えていくという目的で開発された薬です。

よって、尿酸のコントロールを行いながら、症状を軽減していくということで使われ始めています。

このような薬を使う時には、市販薬でもいいのでしょうが服用し過ぎると下痢や腹痛といった副作用もありますので、専門医の診察が必要になってきます。