私のおすすめの痛風の対処法は生活習慣の見直し!

体内でのプリン体が増えてくると、血液中の尿酸の量が増えてしまいます。

大体、7.0mg/dLを超えた、尿酸値になると通風の症状が出てきます。

この通風が出たときの対処法とは、どのようにすればよいのでしょうか。

一つずつ見ていきましょう。

通風が起きてしまったらが、尿酸降下薬(フェブリク錠、ザイロリック錠など)は使いません。

その代わりに、痛風発作治療薬(ナイキサン、ニフラン、アルボ錠)を使って、痛くなったところの痛みを取り除いていきます。

通風の症状が収まってきたらば、高尿酸血症の薬を使っていきます。

そして、生活習慣を見直していきます。

まず、生活習慣の中でも特に大事なのが、食生活になります。

食べ物の食べ過ぎに注意するようにしていきます。

カロリーを抑えた食事をするだけでも、尿酸値が下がっていき、通風の症状を抑えることができるようになります。

魚の内蔵や、肉、干物などを食べると尿酸値が上がるため、できるだけ食べないようにしていきます。

また、お酒も、尿酸値を上げる原因となるので飲みすぎに注意をしていきます。

ビールならば、500mlまで、日本酒なら1合までの量に制限をするようにしましょう。少しでも飲むと、もっと飲みたくなる人は、全く飲まないのがお勧めであります。

また、他の対処法というのは、水を大量に飲みましょう。水を大量に飲むことによって、尿酸値が下がる効果があります。

大体、1日に2リットルは、水やお茶を飲むようにしましょう。

ジュースなど糖分のあるものを飲むと、逆に尿酸値が上がるので、飲みすぎないようにしましょう。

また、ストレスも尿酸値を上げる原因となります。

ストレス解消をしていきましょう。人と会話をしたり、カラオケに行ったり、運動をするなど、あなた自身にあったストレス解消をしていきましょう。尿酸値とうまく付き合っていきましょう。

過度な運動は、尿酸値を上げる原因となってしまいます。

ですから、過度に激しい100メートルダッシュだったり、スクワットなどは、避けるようにしましょう。

有酸素運動の適度な運動をするようにしていきましょう。

一方で、プリン体を多く含む食品をなるべく取らないようにしましょうということが言われていますが、ほとんどのプリン体は、身体の中で作られています。ですから、鶏レバーや白子、あん肝、かつおなどプリン体が多くふくむものを制限しすぎる必要はないと言われています。

いかがだったでしょうか。

おすすめの通風に関する対処法とその理由について書いてきました。通風になったら、生活習慣を見直して、治していきましょう。