私は40代の独身男性で自営業をしています。

会社勤めの人なら毎年健康診断を受けるでしょうし、自分の健康状態はある程度把握してると思います。

私も本来なら健康診断を受けねばならなかったのですが、20代や30代の若さなら大丈夫だろうと思ってずっと健康診断を受けずにいました。

40代になると周囲から強く諌められ、また無料ということもあって受けてみたら尿酸値が8.2も。

しかし検査結果を郵送してくるだけで医師からの忠告等なかったので、そのまま放置してたら痛風発作を発症しました。

足の親指に激痛が走るようになり、病院で診てもらると痛風だと診断。

それ以降痛風発作が再発しないような生活習慣や食生活を意識するようになりました。

痛風発作を未然に防ぐには尿酸値を下げるしかありません。

その為に実行してる方法は3点。

一点目は水分補給を多めにすることです。

水分を多めに摂取することで、尿を大量に作って排出します。

尿と一緒に体内の尿酸も排出されるので、結果尿酸が薄くなって尿酸値も低下するというわけです。

ただ出来るだけ糖分を多く含んだジュース等は飲まないようにしてます。

基本はノンカロリー系ドリンクを飲むんですけど、大体緑茶が多いですね。

緑茶には利尿効果がありますし、味も好みなのでそうしてます。

二点目は尿酸値を下げる効果のある食べ物を摂取することです。

尿酸とは酸なので、アルカリ性食品を食べる事で尿酸を中和して尿酸値を下げようというもの。

意識して摂取してるのは、大豆食品とキノコ類です。

といっても特殊なものではなく、どれも普通のスーパーで簡単に購入出来るものばかり。

大豆食品なら豆腐・納豆・豆乳、キノコ類ならシイタケ・エノキタケ・シメジといった感じですね。

料理をする時はこういった食品を積極的に取り入れ、外食やお弁当等の購入で済ませる時は豆乳を飲んで尿酸値低下効果のある物を摂取するよう心がけてます。

三点目は尿酸サプリ(白井田七)です。

普通は一点目と二点目でも十分だと思うんですが、私は尿酸を作りやすい体質のようなので尿酸値が下がりにくかったんです。

それなら健康サプリ的なものも取り入れた方がいいかもと思って購入を決意。

そして現在服用してるのは白井田七という健康サプリです。

一か月分5000円程度と結構高額ですね。

でもこういう健康サプリって病院のお薬と違って副作用はほぼないですし、健康管理も考えると健康サプリでサポートが良いかなと思って試しました。

尿酸値6ぐらいから減らなかったのですが、尿酸サプリの白井田七を取り入れてやっと5台まで落とせました。

とりあえず尿酸発作が発症しない安全圏まできましたし、この方法で痛風対策を続けていくつもりです。

>>白井田七の購入はこちら